モバイル端末のビジネス利用方法を考える

スマートフォンの普及がビジネススタイルを変えつつあります。

またスマートフォンでは画面の大きさが小さいと言うことで、同じOSを使用したタブレットの普及も進んでいます。もちろん、ビジネスの世界だけではなくプライベートで持ち歩いている人もいるようですが、モバイル端末のビジネス利用には制約がついて回ります。

ビジネスでモバイル端末を利用しようとするとセキュリティ面を強く意識する必要があります。また業務仕様に必要なアプリ開発も必要にことも多いため、導入に二の足を踏む企業も多く存在します。

ノートパソコンの普及が進んだときも重視されたときは個人情報に関する漏洩リスクです。ノートパソコンの場合はハードディスクの取り外しデータはUSBメモリで保存、という方法などもありましたが、モバイルネットワークとタブレットの普及、外部ストレージサービスの利用が確率されつつある今、情報漏洩リスクはかなり減りました。モバイル端末のアプリ開発で問題になるのは、外部から企業内のシステム接続にかんする制御です。この制御に関してはIT関連企業においても対応に温度差があり、社風なども考慮しながらの対応を必要としており専用のアプリが必要なのか、汎用のアプリをカスタマイズして使用するかなど様々な方法がとられています。モバイルのOSはバージョンアップが速く、アプリ開発をする場合、バージョンアップを頻繁に行う必要もあることから対応が煩雑になることも悩みの種です。